--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年08月10日 (日) | 編集 |
事後報告になりますが・・・、
8月8日(金)~8月9日(土)の1泊で
ジョイが緊急入院いたしました。

8月6日(水)の朝から調子が悪く
ご飯毎に戻してしまい
8月7日(木)の朝には血まじりの
粘液のようなものを吐きました

かかりつけの病院が木曜日お休みだった
こともあり、尼崎の病院へ連れて行き、
そこでレントゲンと血液検査を
していただきました。

その時にはひどい胃腸炎ではないかと
のことで、点滴をしてもらい
夜に連れ帰ったのですが、帰宅後に
水を飲んだだけで、また吐きました
かなりぐったりしているし、
寝ていても‘白目’で意識もうろうとしている様子が
心配で心配で・・・

8月8日(金)の朝一に、かかりつけ医に連れて行き
症状を説明すると、昨日の血液検査で調べていない
項目を検査しましょうとなりました。
その結果、「アルブミン値」が急激に下がっていることが
分かりました。
7月20日の検査時には、3.7あった数値が、たった20日
ほどのうちに1.9(正常値2.3~4.0)にまで急激に
下がっていたのです


膵炎の検査もしたけれど、結果はシロ。
エコーで腸の様子を見てもらったけれど、特に異常な
部分は見つからないとのことでした。
先生も原因が分からないようでしたが、1泊入院で
様子を見てみましょうとのことで
お預けすることになりました。

ジョイの居ない我が家は、やっぱり寂しくて
ローズも落ち着きません
やっぱり、家族みんな揃わないとダメだね・・・。


8月9日(土)の夜、お迎えに行くと
先生からは「ジョイ君、食欲ありますね!!」と
昨晩も今朝も、ご飯モリモリ食べて
‘おかわり’までしたとの事(笑)。
病院でもらった缶詰(A/D缶)がよっぽど美味しかったようです。

そして、何と不思議なことに
ご飯を食べた後に、もう一度アルブミン値を計ってみると
2.4までに回復していたそうです

不思議~

先生もちょと首をかしげていらっしゃいましたが、
あとは様子見で大丈夫だろうとのことで、
無事に退院となりました

ご対面の時には、このキラキラ笑顔(*^_^*)
お帰り、ジョイ!!


ジョイ退院01

まだ本調子では無いけれど、徐々に
元気になっています~。
良かったね♪♪


・・・実は、8月7日(木)の晩から
家族全員で、オーストラリア旅行に行くはずだった我が家。
ロズジョイは、ホテルお泊りの段取りをしていました。

それなのに、ジョイの体調不良が重なり
どうしようかと頭を抱えていたころ、
何と航空機の機材トラブルが原因で、その日は飛行機が
飛ばなくなり、海外旅行はキャンセルになりました
(代金は旅行会社から全額戻りました。)

ジョイが「行かないで~」と念を飛ばして、
飛行機トラブルまで起こしたのかも!?と
びっくりしているワタクシたちです。
旅行は残念でしたが、ジョイが元気になるのが一番
早く元気いっぱいのジョイに戻りますように!!
スポンサーサイト
2014年07月22日 (火) | 編集 |
3連休、実家の淡路島へ帰省中のこと。
飼い主(ジョイまま)の不注意で、
大変な事が起こってしまいました

二度とこんな事を起こさない為に
「覚書」として記しておきます。


7/20(日)の就寝前、実家の2Fで
ロズジョイは寝るので、ジョイままが二匹を
抱っこして連れて上がっていました。

二匹抱っこなんて慣れているはずですが、
二匹を抱っこしたまま部屋の扉を開けようと
ドアノブに手を伸ばした瞬間、
肩のあたりに抱っこしていたジョイを
落っことしてしまったのです・・・

肩の高さからかなりの衝撃で落下したジョイ。
廊下の床の上でうずくまったまましばらく動かず、
苦しそうに‘キューキュー’啼きました。


「痛かったね、ごめんね。」と声をかけながら、
ジョイを抱き上げたとき
身体がガクンとなり、
ぐったりして前脚を上にあげたまま、
痙攣?震え??のような状態で、
意識が混濁している様子が分かりました。


骨折??
頭打った??

と、その姿を見てパニックになっってしまい、
「ジョイが・・・ジョイが!!!!」と叫びながら
1Fに下りて行き、ロズままに事情を
きちんと説明しないと・・・と頭では思うのに、
上手く呂律が回らず。

時間を見ると夜中12時を過ぎていたし、
実家(淡路島)の近所の動物病院も知らないし、
スマホで緊急夜間病院を探そうとするのですが、
うまく文字が打てない・・・
頭の中は完全にパニックでした


結局、夜中12時を過ぎて診察して下さる
動物病院は、兵庫県内には見つからず
大坂の箕面にある「北摂夜間救急動物病院」
まで電話をかけ、事情を説明すると診ていただける
とのことで、大急ぎで車を走らせました
(ロズまま、本当にありがとう。)

病院に着いた頃には、意識もだいぶしっかりして
いたジョイですが、念のためレントゲンとエコーと
血液検査をしていただきました。

結果、幸いなことに
骨折も無く、内臓損傷も無く、打ち身程度だろうとの
事で、胸をなでおろしました

ただ、脳に損傷があるような場合は
2、3日経ってから異変が起きる可能性もゼロでは
ないと言われていますが、今のところは
大丈夫そうです

ジョイ、ごめん01


自分の些細な不注意で、ジョイをこんな目に
あわせてしまったこと、本当にショックです
そして、反省しています。
ごめんね、ジョイ

寝顔も笑顔もすべて大切なわが子。
ずっと元気で、傍にいてね。
ジョイ、ごめん02
2013年10月04日 (金) | 編集 |
この記事は、覚書のために残します
*文字だけの羅列になります、

10/2の深夜(1:30頃)、ローズの荒い息遣いの音で目が覚めました。
暑い?
熱がある??
身体と鼻を触っても、さほど熱くはない。

でも、走った後のように「ハーハー」言って、パンティングが
止まらない。
ちょっと目がうつろで、こちらの呼びかけに反応しない。
あくびをするような口の動きをするが、あくびは出ない。
そのうち舌なめずりのようにペロペロと舌を出す仕草が始まる。

落ち着きがなく、伏せてはいるけれど
「キュンキュン」小さな声で鳴いている。

何だろう?
不安。


水をあげようとするが、飲まない。
試しに「氷」を1つあげると、食べた

「氷」を食べたお陰か(?)、ようやく落ち着く。
ローズ自身不安だったのか
落ち着いた後はべったりくっついてくる。

「大丈夫だよ~。」「しんどかったね。」と声かけしながら
身体をさすってやると、うとうとし始めた

時間にして10分~15分程の出来事だったけど、
すごく嫌な時間だった。
胸がざわつく感じ。

秋バテ?
(今年の夏の暑さで、ワンコにも秋バテがあるらしい。)

症状から見て、
心臓病?
てんかんの初期症状??

・・・どうか何事もありませんように。

でも、朝は元気で食欲もある。
お散歩も元気いっぱい

あの時間は何だったんだろう??
後から思うと、「動画」を撮っておけば良かったんだけどな。
咄嗟には何も出来ないダメ飼い主のワタクシ。
ちょっと落ち込むな~。


今日のローズ。
普段と何も変わらず元気なので、心配しないでくださいね

何だろう01
2013年05月20日 (月) | 編集 |
この週末、「狂犬病注射」の予定日でした。

それなのに・・・
ローズは「ヒート」
ジョイは「体調不良」
につき、延期となりました。

「僕、しんどいの。」
注射延期01

「わたし、だるい~。」
注射延期02

そういうわけで、ダラダラ休日決定~!!
(同じく飼い主も、ダラダラ~。 ←オイッ!)


ジョイは、お薬が効いてだいぶ元気になりました。
うっひゃ~
注射延期03

ローズは、あともう少し辛抱です。
お姉ちゃん、ガンバ!!
注射延期04

早く元気になって(ヒートが終わって)
遊びに行こうね~!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。